ジンギスカンが世の中に広まったきっかけとは?ジンギスカンの歴史について知ろう!

ジンギスカンは、羊のマトンやラム肉を専用のジンギスカン鍋で調理する焼肉です。現在では、日本各地で食されているジンギスカンですが、その食文化の歴史は一体どのように始まったのでしょうか?ここでは、ジンギスカンが世の中に広まったきっかけを遡り、ジンギスカンの歴史についてお届けしたいと思います。

羊毛生産が目的で輸入から始まった羊肉

明治時代になってから、日本で毛織物需要が大きく増えたことを機に、羊毛国内生産の飼育が始まったことが、羊肉が日本へ浸透していく始まりです。北海道では、当時の滝川種羊場長によって、羊肉料理の普及が積極的に行われています。羊肉の調理法などが雑誌でも紹介されるなど、大きく力が注がれた時代でもあります。羊肉の色々なレシピと調理法を説明して普及を図っており、また、当時の食べ方は、現在のジンギスカンの食べ方とは異なった羊肉の臭みを消して食べる方法が紹介されています。この当時の取組みが、現在のジンギスカンの普及に繋がっていた大きなきっかけであり、様々な試行錯誤を重ねて多くの人に愛されるジンギスカンへと発展していくことになります。

そもそもジンギスカンとは

羊肉の焼き肉料理

ジンギスカンというのは、羊肉を生のまま、或いは、タレに漬け込み、玉ねぎ・もやし・ピーマン・人参などの野菜と一緒に専用鍋で焼いた、北海道の郷土料理です。北海道ではほぼ全域でジンギスカンが食べられており、地域によって生のまま焼いてタレにつける生肉ジンギスカン、予め醤油ベースのタレで漬けた肉を焼く味付けジンギスカン、この2つのタイプがあります。ジンギスカンを食べる際には専用のジンギスカン鍋があり、鉄製でお鍋の真ん中が盛り上がり焼く部分には溝ができた形をしており、羊肉の肉汁が周りの野菜にかかることで野菜も美味しく頂けるようになっています。

羊肉は、マトンとラムが使用され、2つの肉には違いがあります。ラムは、生後1年未満の子羊肉で臭みもなく柔らかく、マトンは、生後2年以上経過した大人の羊肉で少しクセがあるものの脂が乗って味もしっかりしています。羊肉は、牛肉や豚肉と比較すると低カロリーで、野菜もふんだんに盛って食べられるので、ジンギスカンはヘルシー料理として人気があります。また、ビールとの相性も良く、北海道では宴会料理や観光客の名物料理としても人気です。

羊肉の味わい

羊肉でも、ラム肉はクセや臭みが殆ど無く、そのまま焼いて好みのタレを付けて食べるのが一般的です。一方、マトン肉は牧草のような独特の香りがあり、タレに漬けて食べられることが多いです。クセのある羊肉が好きという方はマトン肉、初めて食べるという方にはラム肉がおすすめです。

ジンギスカンの発祥・由来とは

ジンギスカンと聞くと、広大な草原が続くモンゴルをイメージされる方もいますが、実は、中国料理を元にして生まれた日本発祥の料理です。ジンギスカンに似た料理に中国料理のコウヤンロウといわれる羊肉を焼く料理があるのですが、これを日本人の口に合うようにアレンジされた料理としてジンギスカンが生まれたといわれています。本来、日本人は羊肉を食べる習慣はありませんが、日本の戦時中に中国に満州国を建国する頃、北海道では軍用制服に羊毛自給の為に羊の飼育場が作られ、大量の羊毛調達に羊を飼い始めます。羊の食用習慣の無い日本人は羊肉の活用を考えた末に、日本人でも食べられる羊肉料理の開発がなされ、中華料理のコウヤンロウを参考にジンギスカンが誕生するのです。

また、ジンギスカンの由来には色々な説があります。モンゴル帝国を築いた初代皇帝が野戦の陣中食に食べていた、源氏武将の源義経が北海道を渡りモンゴルでジンギス・カンとなった、満州国初代総務長官がコウヤンロウをチンギス・カンをイメージして名付けたなど、様々な説があります。

ジンギスカンが家庭に浸透するまで

食用羊が徐々に広まっていく

札幌周辺の中地中心域では、めん羊が広まります。そのきっかけとなった出来事には、第一次世界大戦の時に軍隊、警察、鉄道員など、制服を作る際に羊毛自給が必要になったことです。「何もジンギスカンの歴史とは関係ないのでは?」と思えますが、この時に、めん羊をはじめとする食用の羊も育てることが始まり、農家収入を増やしてめん羊も増やすめん羊百万頭計画が持ち上がったことで、羊肉が入手しやすくなったことが一因に挙げられます。こうして札幌周辺では、徐々にジンギスカンが地域に広がっていくようになり、昭和初期には北海道の各地域で広くジンギスカンが食べられるようになります。

栄養価の高い余った羊肉の有効活用

羊肉を「羊毛生産の副産物でどうにか有効活用することはできないか」そう考えた政府によって、羊肉食の普及にも努めています。この頃は、北海道の札幌のデパートに羊肉を送ったり、一般家庭向けに羊肉を紹介したりしながら、宣伝活動が積極的に行われていた時代でもあるのです。めん羊飼育の頭数が大きく増加したこと、農村で栄養改善が行われたことなどを機に、羊肉の消費が一気に拡大していく流れになっていきます。様々な羊料理が考案される中で、ジンギスカンがこのように有名になったのは、調理の簡便さにあります。肉と野菜を切って焼く簡単な調理法や、家庭で家族揃って鍋を囲むスタイルは、当時、家族を支える為に過酷な農作業で大変だった農民の暮らしにとってそれを支えた救世主的な食事であり、家事軽減にも繋がっていた、そんな別の側面も歴史の背景にはあります。

ジンギスカンとめん羊歴史の関わりは深い

ジンギスカンの歴史には、札幌近郊のめん羊歴史は外すことのできない事柄で、ジンギスカンの歴史の中では食用羊が広まったのは、めん羊増産計画からなのです。しかし、実際に一般家庭へ普及していったのは第二次世界大戦後で、食糧難の中で羊が比較的安く入手できる食材でありながら栄養価が豊富であったことで、札幌から北海道内でジンギスカンが広まったと言われています。かつては、食習慣のない日本では羊肉は臭くて食べられないと言われていましたが、ジンギスカンを美味しく食べる方法の普及が広まっていったことで、北海道のソウルフードと呼ばれるまでに発展していったのです。

北海道の郷土料理になったジンギスカン

北海道で定番の成吉思汗たれ

ベル食品から発売された「成吉思汗たれ」ですが、発売当初は、成吉思汗たれの売れ行きは伸び悩んでおり、当時、箱に特製鍋をセットにして売り込むことから始めます。そして、このアイデアが功をなして、結果、「成吉思汗たれ」の売り上げが徐々に伸びていきます。この画期的なアイデアはもちろんですが、地道な営業努力も成功の裏にはあります。栄養士を講師として招いて講習会を道内各地で開催しながら、ジンギスカン料理を広めることに尽力します。こうした努力の甲斐もあり、成吉思汗たれは北海道で大ヒット商品へと成長するのです。当時、北海道観光ブームが起こり、「ビールとジンギスカンといえば北海道」のイメージが定着していったのもこの頃です。このようなブームがきかけとなって、ジンギスカンの浸透に拍車をかけていくことになります。

北海道の郷土料理になるまで

札幌に精養軒が出来た後も、現在のようにそれ程ジンギスカンは広まっていません。しかしその後、札幌中心に花見、運動会、海水浴などレジャー場所でジンギスカンを楽しむ人が増えていきます。さらに、屋外行事や教育機関の炊事遠足などでも、ジンギスカンが作られる時代に変わっていき、世の中に広く普及することになっていくのです。北海道遺産の一つにジンギスカンが仲間入りし、その後、狂牛病の流行で羊肉の健康効果に大きな注目が集まったことで、ジンギスカンブームの大きな波が到来します。これは、ジンギスカンの歴史の中で、北海道以外の地域へもジンギスカンの存在が大きく広まる契機といえます。そして、郷土料理百選に選ばれ、名実共に現在の北海道郷土料理として有名になったのです。

ジンギスカンの鍋について

ジンギスカンを食べる上で調理に欠かせない機器が、鋳物製の専用鍋です。本来、網や鉄板で焼いて食べられていたジンギスカンですが、第二次大戦後から専用鍋が使用されるようになってきます。厚い鋳物製の鍋は、保温力があるので沢山の肉を置いても冷めにくく、屋外料理として大勢で食べることが多いジンギスカンに最適なのです。また、中央の盛り上がった部分に肉を置くので、余分な脂が流れて肉を香ばしく焼くことができ、野菜を鍋の端で焼くので、野菜から出る水分が肉に届かないなど、ジンギスカンの為によく考えられた鍋になっています。

ジンギスカンの地域別の特色ですが、内陸部は味付け、沿岸部・都市部は後付けが多いことが挙げられます。北海道では、本来、軍服用の羊毛生産で羊の飼育が始まっていますが、それと同様に羊肉の生産も盛んになっています。羊の飼育をする種羊場が滝川、札幌、月寒などに出来て、それらの地域を中心に羊肉を食べる料理が広がっていき、現在の北海道の食文化に繋がっています。内陸部の滝川では、予め羊肉がタレで味付けされた物を野菜と一緒に煮込む味付けジンギスカンが主流、沿岸部・都市部の月寒や札幌では、生の羊肉を野菜と一緒に焼いてタレに付けて食べる後付けジンギスカンが主流です。

ヘルシーなジンギスカンに注目が集まる

栄養価の高いジンギスカン

羊肉は、実は、非常に栄養価の高い食材として重宝されており、必須アミノ酸、不飽和脂肪酸、ビタミン類が豊富に含まれています。ラム肉というのは、必須アミノ酸が豊富に含有されてあり、例えば、体の免疫力アップに必要なリシン、アレルギー緩和のメチオニン、食欲抑制のフェニルアラニンなどが挙げられます。ラム肉には、体内合成できない必須アミノ酸がバランス良く含有されているので、私達の体の健康に役立つ良質なたんぱく質源になるのです。また、油脂には幾つか種類があって、それぞれ私達の体への及ぼす影響というのが異なるのですが、ラム肉には体に良いとされる不飽和脂肪酸が含有されています。不飽和脂肪酸というのは、魚や植物性食品に多く含有されているもので、現代人の生活習慣病と言われている動脈硬化、血栓予防、高血圧、悪玉コレステロールなどを改善させる作用があります。そして、多くのビタミン類も含有されています。基本的に肉類は、多くのビタミンが含有されているのですが、ラム肉にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEが豊富に含有されています。栄養素代謝をサポートする皮膚や粘膜を健康に保ち、悪玉コレステロールによる血管老化を守ります。お肌に良いと言われるビタミンが含まれているので、美容効果も期待することができます。また、エネルギー変換することをサポートして脂肪蓄積を防止するので、ダイエット中の方にもおすすめのお肉なのです。

健康食として注目される存在に

2004年頃になると全国的にジンギスカンブームが到来します。ブームのきっかけとなった出来事には、アメリカで起きたBSE問題が挙げられます。アメリカ産牛肉が輸入禁止となったことで、焼肉や牛丼などの外食産業にも大きな影響を及ぼし、その中で大きく羊肉に注目が集まるようになります。当時、チルドなど輸送技術の発達によって、新鮮な羊肉などクセの少ないラム肉が入手しやすくなっていきます。また、羊肉は低コレステロールで豊富な栄養成分が含まれていることから、大きな注目を集めて全国的にジンギスカンブームが巻き起こっていきます。

そして、2005年末になると、大都市である東京都に200店以上のジンギスカン専門店が登場し、ジンギスカンの全盛を極めていくのです。こうして、ジンギスカンブームをきっかけに、新鮮な羊肉が北海道以外の各地域に流通するようになり、ジンギスカンの認知度が高まっていきます。スーパーマーケットにもラム肉が置かれるようになるなど、北海道発祥のジンギスカンは、今では日本全国で受け入れられ多くの人に食べられるようになるまでに発展を遂げてきています。

まとめ

ここでは、ジンギスカンが世の中に広まったきっかけを遡り、ジンギスカンの歴史についてお届けしてきましたが、いかがでしたか?今では誰もが知っているジンギスカンですが、その歴史を色々な角度から紐解いていくと中々面白い歴史がありますよね。ジンギスカンを知らない方、知っている方も、改めてジンギスカンに興味を持つきっかけになったら嬉しいです。是非、ジンギスカンを試してみて下さい。

おすすめの記事