ボリューム野菜とラム肉のオイル煮

ボリューム野菜とラム肉のオイル煮

ボリューム野菜とラム肉のオイル煮はコンフィとアヒージョの中間という感じで、手軽に作れるボリューム満点のおかずです。ラム肉とオリーブオイルを使った健康に良い料理としてはもちろん、見た目もカラフルで鮮やかなので、来客のある時など特別な日にもすすめできる一品です。

レシピ・作り方

ボリューム野菜とラム肉のオイル煮材料

材料(2人前)

  • ラム肉(肩ロース)…200g
  • ナス…1本
  • アスパラガス…1本
  • ミニトマト…3個
  • レモン…1切れ
  • ニンニク…2片
  • ①塩…少々
  • ①コショウ…少々
  • ①バジル…少々
  • ①粗びき唐辛子…少々
  • 岩塩…適量
  • エキストラバージンオリーブオイル…80ml

作り方

  1. ナスとアスパラガスはヘタを取って半分に切っておきます。
  2. ラム肉に①の材料をまぶして下味をつけます。
  3. ニンニクとオリーブオイルを鍋に入れて、弱火でじっくり温めます。
  4. 香りが引き立ってきたらラム肉を入れます。
  5. ナスとアスパラガスを4の上に乗せ、蓋をして弱火で約8分加熱します。
  6. お肉の向きを変えて、ナスを裏返したら再び蓋をして約3分加熱します。
  7. ナスに火が通って柔らかくなったら具材を取り出して、深めのお皿に盛り付けます。
  8. 最後にミニトマト、レモン、岩塩を添えて完成です。
調理のポイント
ナスは油を吸いやすいので、なるべく断面が少なくなるように切りましょう!

このレシピのおすすめポイント

ニンニク×オリーブオイルで相乗効果を発揮

オリーブオイルに含まれるオレイン酸には、悪玉コレステロールの抑制効果があります。またニンニクに含まれるジアリルジスルフィドやジアリルトリスルフィドにも、同様の効果があります。そのためニンニクにもオリーブオイルにも悪玉コレステロール抑制成分が入っているため、相乗効果が発揮されます。

冷え性の改善にもおすすめなレシピ

体内エネルギーの代謝にはビタミンB1が必要不可欠です。ビタミンB1は水溶性のビタミンで、水に溶けて体外に排出されてしまう栄養素です。しかしニンニクに含まれるアリシンとビタミンB1が結びつくと、ビタミンB1は油に溶けやすい性質になります。体内に効率よく吸収されるようになり、ビタミンB1が体外に排出されることなく体内でしっかり吸収されます。また代謝が改善されるということは体温がアップするということなので、冷え性でお悩みの方はぜひお試しくださいね。

おすすめの記事