塩ジンギスカンとは?

塩ジンギスカン

塩ジンギスカン

塩ジンギスカンは、簡単な調理で誰でも気軽に調理できるお手軽メニューです。塩麹に漬けたラム肉と野菜たっぷりの炒め物タイプのジンギスカンになります。塩にんにく生姜がさっぱり後ひく美味しさで、お酒のあてにもピッタリです。レモンとも相性抜群なので、食べる際にお好みでギュッと絞って食べるのもおすすめです。

作り方も簡単

塩ジンギスカンの調理は非常に簡単です。材料は、薄切りラム肉、もやし、好みでピーマンやニラなどを具材に用意して、味の要となる塩麹、にんにく、生姜、あとは、料理酒、鶏がらスープの素、サラダオイル、黒胡椒があれば、漬けて炒めるだけの簡単レシピです。始めに塩麹にラム肉を2時間程度漬け込んで、その後に調理をするだけなので、下味は塩麹のみでシンプルです。そのため、ご飯前に下ごしらえをしておけば、後は野菜を切って炒めるだけの早業ラム肉料理の完成です。にんにく生姜と黒胡椒が味のアクセントになり、食欲が進む一品です。

塩麹がラム肉の美味しさを引き立てる

塩麹は、ラム肉を柔らかくしてくれます。米麹と塩と水を混ぜて発酵させたものが万能調味料の塩麹になりますが、この塩麹に含まれる酵素がラム肉のたんぱく質を分解し、ラム肉をさらに柔らかくしてくれます。また、同時に塩麹の下味も付くので、塩ジンギスカンのように漬け込む調理には特におすすめです。さらに、ラム肉の旨みを引き出してくれる効果もあります。塩麹に含まれている酵素には、ラム肉の甘みや旨みを引き出してくれる効果があるので、ラム肉の美味しさはもちろん、一緒に炒める野菜の美味しさもUPします。素材の旨味をしっかり引き出してくれるので、調味料を減らしたラム肉のシンプル調理はもちろん、減塩が可能になるので健康レシピにもなります。塩ジンギスカンは、食材を選ばずに、様々な調理法で使える塩麹と相性抜群で、毎日の献立に活かせばラム肉料理のレパートリーが広がること間違いなしです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。