部位別の特徴とコツ

モモ肉

モモ肉は、こってりや脂身が苦手な方などにおすすめです!

脂身が少ない部位で、あっさりしていて食べやすいのが特徴!!

特に女性に人気がありますが、小さなお子さまやお年寄りにもおすすめしたいお肉です!なぜ、おすすめしたいかと言うと、脂身が少なくヘルシーなので食べても胃もたれなどなくあっさりしているからです!

カタ肉

カタ肉は、(ウデ)と(カタバラ)という部位に分かれるんですが、(ウデ)は脂が多めについたモモ肉という感じで割とさっぱりといけます。ウデは、スジが有りそのスジは煮込みにも使えますし、ジンギスカン羊羊ではスジ焼きとして提供しております!スジは味がしっかりしており旨味がたっぷりです!

(カタバラ)は脂身が結構あり、コクのある味です。カタ肉を焼くと脂がたくさん流れるので鍋のお野菜が香ばしく焼けるのが好きですね。

細かい部位により、ウデ部分は赤身に脂身が多めについており、また、カタバラ部分も脂身が多く、全体的に羊の脂の旨味を存分にお楽しみ頂けるお肉です。

ヒレ肉

ヒレ肉は、取れる量がとても少なく希少部位と言われ、ラム肉の中でもっとも柔らかい赤身肉です。

ショートロイン(ロース芯)と並んで羊肉の最高級部位です。仔羊一頭からたったの2本しか取れません。そのため、流通が非常に少なく大変希少な部位となっております!

ロース肉

ロース肉は、ラム一頭からたったの500グラム程度しかとれない希少部位で、ほぼ100%の赤身でありながら、肉質が非常にやわらかいのが特徴です。

骨付きロース肉(ラムチョップ)などは、フランス料理の食材としても有名ですので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

たん

ラムの舌はさほど大きくなく、食肉加工出来る量も多くはありません。ラムタンはジンギスカンをソウルフードとする北海道でもあまり食べた経験のある人は稀です。柔らかさとジューシー感がありますので、薄切りにしてタン塩もよし、分厚く切っても想像以上の優しい食感が特徴です。

マトンレッグ

ラムが生後12ヶ月未満なのに対して、生後2年以上の羊肉はマトンと呼ばれています!

ラムに比べてお肉に弾力があり、色は赤みがかっていて、羊独特な匂いとクセがあるお肉!ジンギスカン好きにはピッタリで深みのある味です!

調理器具ごとの特徴とコツ

フライパン

ジンギスカンを手軽に作るならフライパンがおすすめです。一般的な肉野菜炒めとは違い、羊肉を別に炒めるのがポイント!羊肉は硬くなりやすいので、たったひと手間加えるだけで、柔らかく仕上がります!タレなどにお肉を漬け込むことがポイント!

オーブン

オーブン料理は難しいと思う方もいると思いますが、試してみるとすごく手軽です!

まず、食材をセットしておくことです。オーブン料理に適しているのは、骨つきのロース(ラムチョップ)ですね。なぜラムチョップがオススメなのか、出来上がりの見栄えもよく、骨付きなのでワイルドさもあり手で持ち食べやすいのもあります!

オーブンで焼くときは、ラムチョップであれば200度で25〜30分、カタ肉や野菜のグリルでしたら170度で30分が目安です。

自宅にある調理器具で作る絶品ラムチョップの焼き方

焼き方の流れ

焼く前の準備

お肉は焼き方に気をつけるだけで、柔らかさが変わります。

焼き方のポイントは、調理する1時間(夏は30分)ほど前に、お肉を冷蔵庫から出し常温に戻しておくことと、余熱をうまく使うことです。

焼き上がりの目安

ラム肉を家庭で料理するときに、難しいという声を聞くのが「焼き上がりのタイミング」ラム肉をおいしく焼くコツのひとつとして、焼く30分くらい前に冷蔵庫から出して常温に戻しておくことです。そして、焼き上がりの目安はお肉が「ローズ(バラ)色」になったころ。生のラム肉は比較的濃い赤色をしています。それが熱を通すことによってだんだんとピンクがかってローズ色になります!

焼いた後

焼いた後は、アルミホイルに包み余熱で温めます。余熱で温めることにより、中心部がローズ色に変わります。

厚みや、量で焼く時間は変わりますが、中火〜弱火でじっくり火を通し過ぎないのがポイントです!

まとめ

今回は「ラム肉の焼き方」についてご紹介しました。

 

世界で一番食べられている食肉は、ラム肉、マトン(羊肉)ではないでしょうか!?宗教上制約を受けないのもその要因のひとつですね。

ラム肉は、レアやミディアムレアなどで召し上がれますし、よく焼いても美味しく召し上がれます!いろんな焼き方や焼き色なども楽しみながらお食事ができます!

おすすめの記事